9999
土ともに生きる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


巡る器、旅する器。

尾形アツシさんうつわ。
懐が深くどんな事も包み込んで頂けそう。
やさしくそして真が強い
持っていて心を強く支えてくれるうつわ。
2013-05-27-(2).jpg
2013-05-27-(7).jpg
2013-05-27-(6).jpg

横山拓也さんうつわ。
何処に居ても気になるうつわでもある。
横山そばちょこは何よりも旨く心地よく頂ける。
2013-05-27-(8).jpg


スポンサーサイト
comment(-) 


Arigatou
2013-05-03-(36).jpg


comment(-) 


Tsukuru to iukoto
目をとじそのむこうがわを想像する。
目に見えていないそこへ。

ものをつくるはそこにあるというはなし。

2013-05-03-(25).jpg

comment(-) 


tsutsumu
合間見、やっとの事ドリッパー&サーバーの検品と包み。

最近になって「きれ」なるものがやっと分かった注器。
雫落とす事ときれる事とはちと違う。
テクニックや経験では補いきれない、作り手ルーツに愛が必要な一品。

注ぐ所作は美しいと思うここだけのはなし。

2013-05-02.jpg


comment(-) 


DM
DM出来上がり。
今回はポスター制作もしてみた。
引き締まる思い。
2013-04-16-(1).jpg


“Katsumi Machimura” Exhibition 2013

◎2013.4.27-5.8
◎Gallery KAN
◎10:00-17:00(closed every Thursday)
◎1150-24 Igodai,Narita-shi,Chiba-ken ,Japan 286-0035

comment(-) 


Shikake
2013-04-02-(3).jpg
2013-04-02-(2).jpg
個展用品も詰め段階。
一方ではオーダー品の仕掛け。
一方では乾燥。頭では窯の詰め模様。
さすがに今回は全量が掴みづらい。
・・・NY納品もなんとかせねば。





comment(-) 


one


comment(-) 


BARBARIAN
2013-03-26-(16).jpg


BARBARIANは縫製質と生地質がとても良いお気に入りBRAND。
今回手に出来たのはへヴィーウエイトコットンAsh&Black。


2013-03-26-(15).jpg


特筆はラバーボタン。
競技からの継承付属するボタン。
実用性はもちろん、感触がとても心地がよい。


2013-03-26-(18).jpg


取り寄せた日本総代理店直営店FRAME


comment(-) 


Atelier
名称未設定-12


comment(-) 


色空間
DM用デジタル写真編集中。
写真と刷り上がりの色違うのは画面での色空間の再現不足。
カラーマネジメント必須ということだ。
・・・とはいうものこの擦り合わせがいやなんとも。

自作のチャームポイントは自分がよく知っている。
出来る限りを尽くす。自分の決めごとでもある。と今宵も明けてしまった。

2013-03-21.jpg

comment(-) 


さくら
2013-03-03-(3)1.jpg


comment(-) 


to work clay
土を練るの巻

腰を痛め時期が少し遅れてしまった。
2013-02-28-(1).jpg

朝から夕刻までの作業。
一本10キログラム。と。
・・・また今年もこうして始まる。
2013-02-28.jpg


comment(-) 


旨味
麻布かりんと

_MG_5158---2013-02-16-14-28-34.jpg
_MG_5162.jpg



comment(-) 


今生
IMG_4415.jpg


comment(-) 


区切り
DSCN0165---2013-02-08-22-15-39.jpg


comment(-) 


りんごのとき
_MG_5107.jpg


comment(-) 


サーバー納めた方から豆を頂いた。
さりげない心をありがとうございます。
_MG_5105---2013-02-06-16-07-24.jpg


comment(-) 


ときどき
_MG_5062---2013-01-19-15-11-02.jpg
ときどきにわかりやすく。
だけれど伝わるとはちと違う。
_MG_5067---2013-01-19-15-14-08.jpg


comment(-) 


ここにいるということ
_MG_5083---2013-01-19-15-25-55.jpg

ぼくにできること。

どれだけ含みあったとて。

ただぼくはここにいる。

_MG_5082---2013-01-19-15-25-39.jpg

それがあるがままでるかぎり。



comment(-) 


いろ
ぼくはここに、たくさんの色がのった姿が見える。

_MG_5090---2013-01-19-15-28-44.jpg


comment(-) 


新年
IMG-20130102-00470.jpg

Happy New Year! May this year be happy and fruitful.

comment(-) 


はなのうつわ
hana no utsuwa

th_IMG_1365.jpg


th_th_IMG_1364.jpg


th_IMG_1353.jpg


comment(-) 


はなのうつわ

th_IMG_1354.jpg
th_IMG_1358.jpg
th_IMG_1359.jpg
th_IMG_1361.jpg


comment(-) 


はなのうつわ
th_th_IMG_1352.jpg
th_th_IMG_1357.jpg
th_th_IMG_1355.jpg
th_IMG_1363.jpg


comment(-) 


静寂


comment(-) 


チャリティへ

_MG_0553---2012-06-05-00-41-55.jpg
1_20120605013640.jpg


comment(-) 


non


comment(-) 


プレス
DSCN0063---2012-05-09-00-30-02.jpg
DSCN0062---2012-05-08-19-15-09.jpg
型打す。

comment(-) 


yuzumaru
DSCN0058---2012-05-05-02-19-50.jpg
気分転換にと頂き物。

comment(-) 


甘茶飴
2012Atelier-(1).jpg
寺へ行き、甘茶飴をいただいた。

・・・
 4月8日はお釈迦様の誕生日「花祭り」。
 お釈迦様は2500年前、今のインドとネパールの間にあった、
小さな国の王子さまとして、生まれました。
 お釈迦様は生まれてすぐに
「命はみんな一つずつ。誰もがみんな大切な人」と言ったそうです。
その言葉に感動した空の神さまたちが、甘い味の雨を降らせました。
 それで「花祭り」には、お釈迦さまに甘い「甘茶」をそそいで、お祝いします。

・・・

comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。