9999
土ともに生きる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


2010947.jpg
11.29



スポンサーサイト
comment(-) 


はじまり
これはゼーゲルコーン
sk7.8.9の3本立てだ。

→立て方はこちら
CIMG0125.jpg
CIMG0126.jpg
CIMG0127.jpg


comment(-) 


2010940.jpg
11.23

comment(-) 


釉薬の日2日目
本日終了の図。
2010942.jpg

釉を掛けながら詰め作業。
残り2日。この窯を焼成しながら2窯目用の釉掛けをおこなう。

CIMG0123.jpg


comment(-) 


その2
CIMG0106.jpg

ついでにこの中にある炎立ち上げ煉瓦補修。
これで炎の立ちが良くなる。

CIMG0104.jpg
CIMG0107.jpg

ついでに。すす払し、
点火チェックと状態確認し、終了。

CIMG0110.jpgCIMG0105.jpg



comment(-) 


熱劣化
点火トランスからのびるプラグコード。
点火プラグ接続部の焼け落ち。
・・・焼成後の還元落とし開始時に備えチェック。

CIMG0113.jpg


修理部品は全てバイク用品。
プラグコード。ジョイント金具。
熱収縮するラバーパイプ。

トランスごと取り替えとしてプラグ付き3万円近く。
・・・やってられん。

・・・窯メーカーもこのプラグ回りには試行の繰り返しのよう。
「このタイプ」を指定したとてそのタイムラグが生じてしまう。
パーツごと確実に手に入れるソースを探しておくとと良い。

CIMG0114.jpg

硬化し、焼けたコードの切断。
そこへコード延長するパーツ。

・・・トランス側(バーナー口より離れた場所)にて切断し、
熱でいかれてしまうへの気休めだ。

切り落としたコードはスペアとした。

CIMG0117.jpg
CIMG0118.jpg

このパイプを金具上まで通し、
ライターであぶり、熱圧着。

CIMG0120.jpg

プラグとの接続部はこんな感じになる。
プラグを先にねじ込み、次にコード接続し、完成。

CIMG0121.jpg


comment(-) 


みやげ
2010938.jpg
海外土産を頂いた。


2010939.jpg
ゆりね。貴重な。


comment(-) 


TOKYO
「東京じゃ見れなかったものなぁ。。」と母。
・・・「そっかぁ」と僕。

よかったなかぁちゃん。
月夜に寄せて。

2010937.jpg


comment(-) 


点火
2010936.jpg



点火。
2010933.jpg

炉壁のチラチラで炎チェック。
2010934.jpg


comment(-) 


詰め
窯詰め相棒はこの靴。・・・穴開いとります。
サンダル系のパタパタする履物は
作品持ち運びや詰め時のフットワークに影響する。
ベタの底は余計な土埃を巻き込みにくい。

2010929.jpg

重ねる。
この手の作品を口重ねる時は
要注意だ。パツパツの大きさでは
重圧でひび割れ欠品し易い。

2010930.jpg

さて、詰め終了。毎回の事ギュンギュンだ。
2010931.jpg


comment(-) 


素焼き
窯詰め前、バーナー口掃除をし、チェックを行う。
本焼き後のバーナーはカーボン類が付着している。
試運転し炎のふけチェックもついでに。

2010927.jpg

メンテナンスは必須。繰り返しその窯の癖や、バーナー炎立ちを読む。

・・・幾ら払ったからと製造元への云々は知識のなさ故の事。
窯は育てるもの。焼き作り上げるものだ。


2010928.jpg


comment(-) 


仕上げ
2010923.jpg

効かせる為になくてはならない


2010924.jpg

小さな積み重ね

2010926.jpg

見つめる先は微妙な色味
・・・あそこへとどきたいから。


comment(-) 


ともしび
2010921.jpg


comment(-) 


道には
2010917.jpg

茶碗の口は人生といわれる。
曲がった道や上り下り。
そして人から人へと伝わってゆく。

選び生まれてくるこの世。
何の為かは未だに分からない。
何かを掴みたくて哲学書に頼った時もあった。
でも。求めないでも良いのではないのか。
などと最近思う。・・・知る楽しみは取っておこうと。

ここに居る。そして土がここにある。
ただそれだけでいぃ。


2010918.jpg


comment(-) 


生命力

2010895.jpg

このスケジュールはちょいときびしいが
開き直るとけっこういける。




comment(-) 


影を追う
2010909.jpg

陰がきれいなんだ。


2010911.jpg


comment(-) 


あこがれ
2010912.jpg
目を半分閉じながらのリングポット。
プレゼント用だ。

comment(-) 


イヤーズプレート
2010914.jpg
2010915.jpg
覚え書き。

comment(-) 


蒸す
2010910.jpg
ここからはじまる。


comment(-) 


しっぴき
2010890.jpg
2010891.jpg
2010892.jpg
2010893.jpg


comment(-) 


ぼくはここにいる。
それが愛の証とおもうから。

comment(-) 


おぼろ
2010887.jpg

本日恩師葬儀に向かう。
ひんやりとした車。エンジンをかける。
淡々と過ぎる時間が妙にけだるい。

いったい何をしどこへむかいたいのか。
いったい何の為に。

・・・100% の率は月を仰がせた。






2010888.jpg


comment(-) 


いつまでも
2010886.jpg

人との縁。




2010885.jpg

それは必ず居るという事。

2010884.jpg

僕は知っている。
その言葉が思う言葉か面の言葉か。

・・・不思議なタイミングが優しさの証。


comment(-) 


2010883.jpg


comment(-) 


つくり
2010875.jpg


comment(-) 


おかえり
2010876.jpg

・・・なかなか会えないじゃないですか!
と言われるはメキシコ土産を頂いたお方。
いつものよう「資料」とその土地の「作り」。


2010877.jpg


comment(-) 


きみ
2010878.jpg

説明的よりも何となくが心地よい。

comment(-) 


きちんと
2010881.jpg


comment(-) 


おかえりなさい
2010882.jpg
2010879.jpg



comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。