9999
土ともに生きる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


non
Blog04621.jpg





スポンサーサイト
comment(-) 


そろそろ
Blog0461.jpg

粘土着。


comment(-) 


目をとじるということ。


物の形は幻。
取り繕う見た目の美しさはハリボテ。
華やかさに目を奪われるけれど
求めるは奥底に染みている真の美しさ。

物の形はあってないような物。
うつわのむこうはここのところにあるから。




comment(-) 


真の美しさ
Blog0459.jpg

煤でくすんだ壁色を変えてみた窯場。
蛍光灯の色を白色から昼光色へ替え、作業台を塗り替えた。
土色を見極めたいそんな衝動。

細工部屋を電球色から白色へ
輪郭やらに張りを求めるために。

真の美しさとは。
仕切り直そうと腹に決めた本日の話。

Blog0460.jpg


comment(-) 


イチゴの時間



Blog0458.jpg

頂き物のはね苺。多量に頂けたのでジャムを作る。



comment(-) 


あおそら
Blog0440.jpg


屋根に登る。



Blog0455.jpg


難題は雨漏り。


Blog0453.jpg



窯に接続するこの煙突。
テーパー付きの接続部を取り付けるに大工に穴あけ依頼した品。
屋根裏骨組の隙間を貫通している。
材木近辺での蓄熱発火を避けるため、
内天井は凹ませ、屋根上ジョイントと接続。
サンドしているのはこのガルバニューム鋼板と
内張りの珪酸カルシウム板(ケイカル板)のみ。

屋根勾配には市販断熱モルタルで隙間を埋め、
コーキング材で更に上塗り。

窓枠の隙間埋めやらに登場するあれらが、コーキング材。
その耐熱は200-300℃程。



Blog0456.jpg


で、震災で激しい窯の位置ずれにより、煙突がずれてしまった。
雨漏りのだましだましは建材の傷みと継いである断熱モルタルを崩す。

Blog0457.jpg


この隙間に1本使ってしまおうと。

Blog0454.jpg


出すだけ出して軍手ごしに盛りならす。
これも耐用年数あること。時期にコーキング自体の劣化は避けられない。





comment(-) 


村上躍さんの飯碗
IMG_46031.jpg

使い易い急須で人気の村上躍さん。飯碗もなかなか魅力ある。
うつわ楓


comment(-) 


2月11日
IMG_45921.jpgIMG_45931.jpg


伺った先で購入した作品。「橋本忍」さんのポット。
橋本忍展


・・・ゆっくりゆっくりと。
一気にでなくひとつずつひとつずつ。又来年も再来年も。
そんな裏切りのない心をHashimoto Brandには感じる。





comment(-) 


うつわ謙心
IMG_11971.jpg
IMG_11961.jpg

「うつわ謙心」さんへ「橋本忍展」見に伺った。

オーナー謙心さんは眼差し強く、丁寧、言葉やさしくお話しくださる。
あくまでもさりげなく。
・・・小さいとおっしゃる店にはとても贅沢な時間が詰まっていた。

ガツガツせず、ゆっくりと。
納得出来るまでうつわとの語らい時間を大切に出来るお店。

うつわ謙心




comment(-) 


橋本忍展
IMG11.jpg


橋本さんの仕事は真摯。
背筋が正される思いがします。
作品ひとつひとつへの思いは
「ありがたいことです」「うれしいです」
言葉へ映されていた。

美しい。ただそれだけではない。
うつわ謙心で開催中。

おすすめです。


comment(-) 


Hikari to kage
Blog0429.jpg



Blog0430.jpg





comment(-) 


Omou


Blog0433.jpg




comment(-) 


Pot-au-feu

Blog0432.jpg




comment(-) 


Hana



Blog0431.jpg


comment(-) 


next-one

Blog0428.jpg




comment(-) 


next



IMG_45061.jpg





comment(-) 


一草庵 町村勝己陶展
IMG_11231.jpg


ギャラリーより電話頂き、途中経過の報告を受ける。
小さき事が大切であることを教えて頂く。

このギャラリー、頭下がるのは、
大切をしっかりと思える方々が揃っておられること。
作品を引き立たせ、そっと寄り添うかのようさりげない言葉が
このギャラリーのあり方を感じさせる。

さて、1週間が経ち、レイアウト替えが行われる。


「町村勝己 陶展」

◎開催日1.27(金) -2.28(火)
◎場所 : 一草庵 愛知県岡崎市洞町東前田10-3.
◎tel : 0564264851 
◎同時開催「桃の節句のひいなの祭り」




Blog0378.jpg





comment(-) 


千葉県生涯大学校 東総学園陶芸専攻科 卒業記念陶芸作品展
IMG_11911.jpg


賛助出品するのは
千葉県生涯大学校 東総学園陶芸専攻科
卒業記念陶芸作品展。
土に触った事ない方々が年月経、
技術習得し自己解放してゆく。

たとえ上手にロクロが挽けたとて
あなたはそこにあるのだろうかと解く。

うつわの見込みを鏡と称し、魂ではないのかと解く。

・・・「何が正しくて」はそれぞれのなかにあればよいと思う。
ものつくりはそういうものだ。と。


IMG_11811.jpg
IMG_11891.jpg



千葉県生涯大学校 東総学園陶芸専攻科 卒業記念陶芸作品展
◎日時 平成24年2月1日(水)~5日
    午前10:00-午後4:00(最終日午後3時まで)
◎場所 銚子市市民センター「ホワイエ2」
    銚子市小畑新町7756


どうぞご覧下さい。
一人一人の「ならでは」が蕾から花開く様は圧巻です。





comment(-) 


手の表情



IMG1.jpg
IMG_00011.jpg
IMG_00041.jpg
IMG_00051.jpg


comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。