9999
土ともに生きる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


甘茶飴
2012Atelier-(1).jpg
寺へ行き、甘茶飴をいただいた。

・・・
 4月8日はお釈迦様の誕生日「花祭り」。
 お釈迦様は2500年前、今のインドとネパールの間にあった、
小さな国の王子さまとして、生まれました。
 お釈迦様は生まれてすぐに
「命はみんな一つずつ。誰もがみんな大切な人」と言ったそうです。
その言葉に感動した空の神さまたちが、甘い味の雨を降らせました。
 それで「花祭り」には、お釈迦さまに甘い「甘茶」をそそいで、お祝いします。

・・・

スポンサーサイト
comment(-) 


2012Atelier-(3).jpg
伺い途中、海へ寄り、ここのところのなんだかな気分払拭。

2012Atelier-(6).jpg


comment(-) 


籾灰を作る
hana004.jpg
この道具を使い灰を作る。これはアウトドアグッズの火起こし機。
hana001.jpg
この籾殻に
hana002.jpg
埋め込む。火が起きている状態が持続するため、数時間で炭と化す。
縁の焼けた部広がり、じきに真っ黒になる。
hana003.jpg
1輪車へ焼けた籾殻を溜め込み、余熱使い、灰にする。

12222.jpg
農業ではなじみの薫炭。
市販される安価なこのタイプ薫炭機は
大きすぎゆえ時間ばかりかかる。
薫炭になるまで、6時間程。
欲しい物は灰。





comment(-) 


梱包

DSCN0043---2012-04-22-21-51-35.jpg


comment(-) 


ゆらぐ
hana010.jpg


comment(-) 


EF-S60mm F2.8 マクロ
6.jpg

4本目レンズはマクロレンズ。広角も楽しめる。上には上がある。
自分の手のひらを基準に無理をせず。それがカメラの楽しみとも思う。
いずれはフルサイズ。と思うが高嶺はとっておきたい。
と腕と諸々、あきらめ思いがあるのもこの沼。



comment(-) 


つち

土まみれ。
AAtelier006.jpg


comment(-) 


haru
AAtelier003.jpg


comment(-) 


youkoso
AAtelier005.jpg


comment(-) 


思う
IMG_0072---2012-04-07-15-37-02.jpg

Nikonコンパクトデジタルカメラ。
少しだけ自分好みが分かってきたカメラの色まわり。
Nikonコンデジは色がナチュラル。像精細。
メモ代わりとなるコンデジ。長い付き合いになりそうな予感だ。


光学。
3.11以降、ぁあ いつかは、終わるんだなと漠然と思うようになった。
家の一部屋では母親。感ずる事多い諸々の積み重なり。
だからどうしたでなく、確率100%、生命限り前提に思う。
ただそれだけだが、どこかせかされるよう「見ておかなくては」と。

世界の遺跡やらなどことの外。
ここ、この手のひらの中にある事物を生命を見たい。
見ておきたいと言った方が近い。

「大切」が深くなる季節の自分光学によせ。

IMG_0071-17.jpg

vixen双眼鏡。


comment(-) 


DSCN0033_006.jpg
DSCN0036_007.jpg
DSCN0037_008.jpg

小分けにしてみた。

袋から出してひきちぎり練りへ。
・・・何とかならないものかと。。
もっさりのこのステップは作業かかり始めのイライラだ。
練る事を「大切」と「確か」・・・で。
何より作業効率アップをはかる。

DSCN0038_009.jpg

230kg

DSCN0041_012.jpg


comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。