9999
土ともに生きる - 台皿をつくる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


台皿をつくる





傷をつける。





板土への「どべ」付け。






帯へは「どべ」と、その厚み径程の「紐土」。





へらでならした後、
「どべ」を塗る。





空気が入らぬように
押し付けながら接着。






帯につけた「紐土」がはみ出る。…これをならしつける。






接着終了。








■「紐土」
ここで使用している、板土は
少し固めの半乾き。
接着材「どべ」のみでは水分が含みすぎで
乾ききるまでの時間差で品物に亀裂が生じやすい。

紐土はちょうど中間の水分。
接着時の補強材にもなり、緩衝材ともなる。






さて、裏面の仕上げと「サイン」。







表面にタッチを付け、土肌をおこす。



これで完成。

comment(0) 



 
 
 
 
 
 
 
 secret



  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。