9999
土ともに生きる - はるいちばん






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


はるいちばん
198_20110227194921.jpg


静かな庭に鳥がさえずりだす。
シャツに袖を通しながら窓を開け放った。
・・・これから伺わせて頂きます。
答える住職の柔和な言葉を耳に残しながらの朝。

案内される先は4畳の茶室のにじり口。
薄く障子越しの光が差し込まれていた。。

火がともされた和蝋燭影には、僕の一輪さし。
暗さに慣れ始めるころ視界が春を見つける。
・・・おはようございます。正座にて深々と。。

春一番。
季節が変わり。快晴の本日。
引き締まる朝に極上の気持ち良さと遊び、
そしてなによりこれから始まるもてなしに寄せ納品。

・・・みな喜ぶと思います。とは懐深い住職
・・・ご縁頂きありがとうございました。とは情けない程涙もろい僕。

今年も良き年。笑顔へ向け精進致します。

comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。