9999
土ともに生きる - 耐火煉瓦加工






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


耐火煉瓦加工
耐火煉瓦を割る。
地震対策で窯詰め時に安定感を持たせたいとの依頼。
・・・確かにツクの4点置きでも不安定は不安定。



DPP_0001_20110723222749.jpg

耐火煉瓦SK34番手
最高使用温度/1380℃

マーキング。
ダイヤモンド刃装着ハンドグラインダーで
深さ2ミリほどの溝を入れる。

粒子のムラと焼き締まりが所々違い
グラインダー刃弾き跳ね返される所ある。

煉瓦の細かなチップが飛び散るため
グラスは掛けていた方が良い。

DPP_0002_20110723222748.jpg



DPP_0003_20110723222748.jpg

長さ短い辺を上へ返し、
ここをめがけ、ハンマーで叩く。

Blog0004.jpg

これが断面。

Blog0003.jpg

業者であれば大きなカッターがある。
窯屋は鎚使いで細やかな傾斜など。臨機応変。

以前道にレンガ敷きの作業を眺め見ると
大きな刃付き機械で挟み割っていた。






comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。