9999
土ともに生きる - 感じる






土ともに生きる







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


comment(-) 


感じる

Blog0232.jpg

作り手の視点は必ずしも使われる時の視点ではない。
目指す視点はそうであるが、「ここが」が必ずやあるもの。

視点をぐっと落としてみる。手のひらが近くなると思う。
作り手視線をのぞき「含み」「余韻」「余白」聞くより感じてみる。
そうすると見えてくる。その作り手。

深く深く。感じる。








comment(-) 





  まとめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。